3日間で一都三県の旅を 始まり

旅の始まりは、静岡へ

1日目は夜、静岡駅へ到着し
食事をするところを散策しました。

駅から少し歩くとすぐに繁華街となり、
居酒屋や少し前に話題となっていたワインバルなどが並ぶような通りにはいります

更に歩いてみると、道端や交差点に人が増え、夜のお店と居酒屋が同じビルに入るような通りへ変わっていきます。

そうした通りも抜けて繁華街の端まで来たかなというところで、静かな佇まいの「かくれ家」というお店に入りました。

お店の方の言葉を借りると、内装は沖縄の古民家のような作り、非常に落ち着けるいい感じのお店です。

団体が使えるテーブル席、掘りごたつの席、奥に座敷席が幾つか、ありました。
その中から掘りごたつのせきを選びます。

楽しみにしていた、海鮮としてお刺身などに舌鼓をうち、お勧めして頂いた「黒はんぺん」、「イワシの梅紫蘇揚げ」に静岡の家庭料理を感じながら、充実した時間を過ごす事が出来ました。