【フィギュア】ドラゴンボールZのフリーザと珍遊記の山田太郎が全く同じ構図でフィギュア化 「いたかったぞー!」のシーンがダブルで再現される

■ドラゴンボールZのフリーザと珍遊記の山田太郎が全く同じ構図でフィギュア化 「いたかったぞー!」のシーンがダブルで再現される

バンプレストは3月7日から、「ドラゴンボールZ」(鳥山明)のフリーザが
「いまのはいたかった… いたかったぞーーーーーっ!!!!!」と突撃するシーンと、
そのパロディーである「珍遊記」(漫☆画太郎)の山田太郎のフィギュアを全国のゲームセンターに投入します。
どちらも全く同じ構図となっており、見た瞬間「いいのか!?」とちょっと心配になるかも。

このセリフはもともと、フリーザが悟空から20倍界王拳かめはめ波を受けた時のもの。予
想外の大ダメージを受け激高したフリーザが悟空に突撃していくという、作中でも特に人気のあるシーンです。

「珍遊記」では、このシーンの前後を丸ごとパロディー。
「はじめてですよ……この私をここまでコケにしたおバカさんたちは……」などのせりふも飛び出すのですが、
当該シーンは金的攻撃を食らって激高するという実に漫☆画太郎ナイズされたものになっています。

公式サイトの商品紹介ページなども両商品全く同じ構図で、なかなかに大胆。
リアルタイムで読んでいた人は、セットで欲しくなりそうです。

正式な商品名は、フリーザが「ドラゴンボールZDXF『いまのは いたかった… いたかったぞーーーーーっ!!!!!』~フリーザ~」、
山田太郎が「珍遊記DXF『今のは いたかった… いたかったぞーーーーーっ!!!!!!!!』~山田太郎~」。
どちらもクレーンゲーム用景品で、フリーザは3月9日から、山田太郎は3月7日から販売。
パロディーである山田太郎の方が先にお目見えとなります。

ソース:http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1703/07/news125.html
画像:

2: モチモチの木φ ★:2017/03/10(金)

買うしかないね(´・ω・`)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする