人とのつながりを大事にしていこう

人と人はつながっている。

年齢をかさねていくと、アクティブに動いて出会いの場に率先して出向いていくようなことをしない限り、なかなか新しい人と深いつながりになるような出会いをすることがなくなっていく。

自分は特に出不精だからだろうか、顔なじみになるようなことはあっても、何か事件でもない限りこちらからたびたび連絡をすることもなく、自然と距離ができていくようなことになる。

そんな自分でも腐れ縁のような関係の人間が何人かいる。こちらから特に連絡をしなくても会うことがあれば、以前と同じような居心地の良い時間を過ごす。時間が戻ってたびたび会っていたころのような感覚になる事もある。気分も昔に戻り若返るようだ。

希薄になっていくことがないよう、気を付けなければいけないのかもしれない。

元来、飽きっぽい性格なのでしばらくしたら、今の生活、性格に飽きてくるのだろう。次の変化を迎えるときは少し大きめに違う自分を作ってみるのも面白い。

人懐っこい愛嬌のある人間を作り上げてみようか・・

薄めの知り合いも増えるかもしれないが、そのなかからまたより深い付き合いとなる人間に突然出会うことになるのだろう。

いまいる自分の周りの人間と出会いをしてもらって、何か新しい深いつきあいが生まれていくのを見ているのもいいかもしれない。

それまでは減ってきた自分の周りの人間にまた感謝をして大事にしていようと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする